• 伊勢地区

    050-5793-2058

  • 松阪地区

    050-5793-2059

コラム

2021.02.01(月)

  • 終活
  • 遺産相続

遺言書の種類

テレビなどでもよく登場する遺言。

遺言には3つの種類があります。

 

①公正証書遺言

2人の証人の立ち合いが必要で、公証人が

遺言者から遺言内容を聴いて作成をする

遺言です。作成された遺言書は、公証人役場で

保管されます。

 

➡こんな方に向いている

・自分で遺言を書くことが不安だけど、

確実に遺言の効力を発生させたい方

・手に障害があり自筆することができない方

            

②自筆証書遺言

特別な手続きが不要で、紙とペンさえあれば

作成できます。しかし、遺言の書き方に

不備があると無効になります。

(※日付の未記入、署名や押印がないものは無効など)

 

➡こんな方に向いている

・書き方さえ間違っていなければ

何度でも自由に書き直すことができます。

また、財産目録をパソコン上で

作成できるようになり、

遺言作成の負担も減りました。

そのため、費用をあまり掛けずに

遺言を残したい方

            

 

③秘密証書遺言

遺言者が自分で書いた遺言書を2人の証人と

共に、公証役場に持ち込み

遺言書の存在を知ってもらえる形式です。

証人と公証人には遺言の内容は公開しません

しかし、こちらも書き方に不備があると、

無効になります。

 

➡こんな方に向いている

・手数料は定額なので、費用を抑えながら

紛失や変造のリスクを減らしたい方

・相続開始前には絶対に他人に内容を

知られたくない方

             

ご家族にもちゃんと伝えておくこと

おすすめいたします。

 

以前の記事でも書きましたが、『自筆証書遺言保管制度』の改正に

伴い、②『自筆証書遺言』に関しては

自分で書いた遺言書を公的機関(法務局)にて

保管ができるようになりました。

ご葬儀コラム一覧に戻る

イベント情報