• 伊勢地区

    050-5793-2058

  • 松阪地区

    050-5793-2059

コラム

2019.08.31(土)

  • 供養
  • 葬儀

岳参りって、なぁ~に?

「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と

伊勢音頭の一節から始めました今回のコラムは

『岳参り』についてです。

 

 

『岳参り』・・・『たけまいり』と読み『嶽参り』と書く場合もあります。

 

 

何をするかと簡単に言いますと

葬儀の後(後日の場合もあり)伊勢市朝熊町にあります

臨済宗南禅寺派 金剛證寺(こんごうしょうじ)奥の院へお参りし

塔婆を立ててくる(依頼してくる)

という伊勢鳥羽地域の昔からある風習です。

 

また、お参りする先は臨済宗南禅寺派のお寺ですが、お参りに行く方々の宗派は

多岐にわたり、仏式だけではなく、神式の方でも葬儀後にお参りにいきます。

 

 

なぜ、岳参りをするのか?

これは地域信仰の一つとして、亡くなった方の魂は朝熊山へ昇るとの考えから、

朝熊山の金剛證寺へ塔婆を立てて供養していったと思われます。

 

 

ちなみに、伊勢市御薗町にあるお寺の檀家さんは、葬儀のあと岳参りはせず、そこのお寺に金剛證寺のような塔婆を立てます。

ご住職に理由を聞いたところ、「以前はこの辺りの檀家さんも岳参りへ行ってはいたが、戦争中は男性が戦争に行って老人や女性、子供さんだけだったもので岳さんに登るのが難しかったから、うちのお寺に塔婆を立てるようにしたようだよ」と

おっしゃっていました。

 

 

冒頭に書いた、伊勢音頭の一節ですが、金剛證寺は伊勢神宮の鬼門(北東)にあり、守っているという考えから『朝熊かけねば片参り』となったようです。

 

 

 

今回は伊勢地方の風習『岳参り』について簡単ではありますが書いてみました。

 

ご葬儀コラム一覧に戻る

イベント情報